伐採木を活かしたい。町ととりくむ、小中学校プロジェクト始動

長野原町小中学校統合プロジェクト(1)

きたもっくが、地域に対してできること

きたもっくが根を下ろす、群馬県長野原町と「包括連携協定」を結んだのが、およそ1年前。

地域が抱える課題に対し、自治体と民間企業が協力して解決を目指す取り組みは、ここ10年で全国に広がっている。

事例としては、災害時の復旧作業やインフラの整備、社会福祉の充実などが挙げられる。

では、私たちきたもっくは、長野原町に対してどんなことができるのだろう?

 

ファースト・ミッションは、伐採木の活用

来年から再来年にかけて、東中と西中が統合して長野原中学校に、北軽小と応桑小が統合して浅間小学校となる。

校舎の改修工事が計画されると、西中学校の校門付近に生えている、大きな2本のコナラが問題になった。

何十年も子供たちを見守り続けた木を、だた除いてしまうのではなく、新しい学校で活かしたいというのが町の希望である。

高度な伐採技術を有し、広葉樹の製材・乾燥・加工を手がける私たちにとっても、地域に貢献できるまたとない機会だ。

プロジェクトメンバーは、西中卒業生

先日、その大楢(樹種はコナラだが、オオナラと言いたくなるほど立派な巨木)を、数日かけて伐倒した。

メンバーの1人は、西中学校のOGである、星野絵美さん。

きたもっくの仕事に携わりながら、「スターフィールド」という屋号で活動し、アーボリストの世界大会にも出場した。

中学生のときには想像もしていなかった大仕事に臨みながら、「ただ伐るだけじゃないから」と微笑む。

コナラ伐採

伐倒前のお清め

このコナラが校歌板や教室札に生まれ変わるのは、来春。

その道のりを、数回に分けてリポートします。