キタコレ#4 カワイイすぎる鹿皮ドア

きたもっくコレクション第4弾は、思わず触りたくなるほど、カワイイ-ドア!

「カワイイ」って、「好き」とか「いいね」とか、ポジティブな感情がたくさん込められる言葉ですよね。

そんな「カワイイ」があふれる、ドアのお話です。

 

すぐ隣にいる、美しい生き物たち

きたかるでは、鹿や猪、狐などの野生動物はとても身近な存在だ。

それでも夜道で見かけたり、足跡や食痕を見つける程度。

まじまじと観察したり、触れる距離に近づけることはまずない。

食害をもたらす鹿は「有害鳥獣」として「駆除」される存在でもある。

肉は仲間内で分配されるが、皮は廃棄されることもある。

動物の「皮」を「革」という素材にするには、手間と時間がかかるのだ。

 

キャンプ場スタッフであるつぐつぐが、罠にかかった鹿を解体すると聞きつけて、飛んでいった。

驚いたのは、美しささえ感じる彼女の解体作業。

そして鹿の命が放つ、燃えるような輝きだった。

とりわけ、くっきりとした鹿の子模様に目をうばわれた。

夏の木漏れ日にまぎれるように、白い斑点が現れるという。

この美しい鹿皮をたくさんの人に見てもらいたい。そんな気持ちがわきあがる。

制作・撮影:つぐつぐ

 

匠たちの協働からうまれた「カワイイ-ドア」

野生動物の活用といえば、ファッションとしての毛皮や、食のジビエが思い浮かぶ。

「衣食住」のなかでも「住」の視点から、暮らしに馴染んだ「魅せ方」ができないか?

建設中の4棟のコテージには、屋根裏に秘密の部屋を計画していた。

その入り口に、布框戸ならぬ革の框戸はどうだろう?

つぐつぐが解体し鞣した鹿革を、サーミ族の伝統工芸を習得してきた桑ちゃんが加工し、大工の棟梁が木工で仕立てる。

きたもっくらしい匠たちの連携プレーで、鹿の個体ごとに表情の異なる4つの「カワイイ-ドア」が誕生した。

手間をかけた時間と彼らの愛情が、その愛らしさに現れている。

MUGIやグルマンに訪れる機会があれば、ぜひその扉を開けてみてほしい。

名称
カワイイ – ドア
タイプ
インテリアデザイン
事業地
スウィートグラス
石窯コテージ MUGI / 暖炉グリルコテージ グルマン
誕生年
2019年
大きさ
w)73 d)15  h)125cm
デザイン・制作
桑田瞳