きたもっく仕事図鑑03
仕事の安全を祈る仕事

最終更新日

家を建てる長い工期のなかでも「上棟」は大きな節目。
クレーンを呼び、大工さん総出で棟木を組み上げる。
足場の不安定な高所作業。時間も限られるため、いつにも増して緊張感と連帯感が漂う。

 

屋根がかかると、ほっと一息。
これまでの無事に感謝しこれからの安全を祈る「上棟式」が行われる。
お神酒とお米と塩と豆を建物の四つ角に撒き、全員で乾杯するのがきたもっく流。

 

建築現場に限らず、浅間の麓で働く私たちは、いつも危険と隣り合わせだ。
だからこそ時に立ち止まって心を鎮め、互いの存在と進むべき道を確認しあう・・・
そんな心持ちを大切にしたい。

職種
だれでも
勤務地
どこでも
繁忙期
いつでも