働くと生きるを支える人事総務

社員の約半数が移住者となったきたもっく。3次産業に始まり、1・2次産業にまたがる多様な職種は、入社する人の経歴や年齢も多様にした。単身でやってくる人、家族を連れて移住してくる人など構成も様々だ。

働く環境も住む場所も大きく変わるのだから、不安もあれば、想像だにしなかった困難もある。きたもっくでの働くと生きるを支え、すべての窓口となるのが人事総務だ。
新天地での仕事を志してくる人に寄り添い、働き方だけでなく、地域のこと、寒冷地での暮らしにまつわることなど、現在進行形の相談を受けつつ、単身者寮の整備や住宅購入の補助といった、地域に根差す仕組みを準備していく。移住やUターンで入社した人事総務のメンバーの細やかな心配りは、自身らの体験をもとに工夫され、働く人をサポートしている。

新入社員を受け入れ、それぞれの事業部が抱える困りごとに手を貸し、時に羊やヤギ、ライラックの世話もする。事業地が点在するという物理的な隔たりも何のその。フットワーク軽く事業地間を移動して循環を促す。

■スタッフ募集中
きたもっくでは事業拡大に伴い、幅広い職種でスタッフを募集中です。各事業部によって必要となる知識や技術は異なりますが、全事業部共通の心地よいプラットフォームが整っています。