絵本をモチーフにした冬の森企画

ルオムの森の1月の企画展『冬の森で見つける物語』に向けて、仕掛けづくりが忙しい。古木の洞にはめられた錆びた鉄の扉や、雪の結晶に探る空の秘密を書いた文書など、スタッフの日々の生活で体感したことや調べたことをヒントにして森と洋館に設置されていく。冬の北軽井沢に人を誘うのはとても難しい(雪道だし寒い)が、反面、何人もの移住者が口を揃えて「冬」に魅了されたというのも事実だ。実際、冷え込むほどに「生」を実感し、五感が研ぎ澄まされるように感じる。寒さの先を見なければ、北軽井沢の面白さは半減してしまう。

訪れる人の誰もが想像き立てられる冬の森。大人も子供もストーリーテラーになれる企画は、1/4(土)スタート。

fb-share-icon0
Tweet 1