アサマヒュッテってどんな施設?食でキャンプをサポートするヒュッテの魅力

こんにちは!スタッフのまっちゃです。

みなさんは北軽井沢スウィートグラスの中に「アサマヒュッテ」という施設があるのはご存知ですか?存在を知らなくてチェックアウトされているお客様もたま~に見かけます。

今回は「アサマヒュッテ」についてまとめてみたので、これを読んで、ぜひ来場時に立ち寄っていただきたいと思います。

記事の最後にはアサマヒュッテのスタッフへインタビューも載せているので、さいごまでお付き合いいただければ嬉しいです。

アサマヒュッテって?


アサマヒュッテ(以下、ヒュッテ)は管理棟のすぐ隣にある長方形の施設。ちょうど地図の真ん中にあります。

イベントやワークショップなど「誰でも気軽に集える場所」として、センターハウスのような役割を担ってきた施設ですが、コロナの影響で「集まる」ことが難しい中、現在は「食」という切り口でみなさんのキャンプをサポートするサービスをお届けしています。

そんなアサマヒュッテの魅力ポイントは4つ。

①ランチが楽しめる

②カフェ営業

③キャンパーズマルシェ(食材販売)

④予約食材の仕込み及び受け取り場所

スウィートグラスの食品関係をまわしている言わば「スウィートグラスの台所」と言っても過言ではありません(笑)。あなたのキャンプをサポートし、お腹と心を満たしてくれること間違いなし。

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。

①ランチについて


現在、ヒュッテランチはテイクアウト限定ですが、10:00~14:00の間、毎日営業をしています。

※2022年2月17日時点

早くチェックインしてしまった時やチェックアウト後のお昼ごはんに最適です!今回はWEBに掲載されていないランチメニューの裏話を少しご紹介します。

「なんなんだっ!?」誕生秘話

「豪快に高原野菜をかぶりついて欲しかった」という思いから生まれた「ナンドッグ」です。大きなソーセージとたっぷりの高原野菜のおかげで一口目から大満足間違いなし。

ヒュッテのスタッフによると、コッペパンではなくナンにしたのは具材をたっぷり挟めるからだそう。ソースはお子様でも食べやすい甘口のカレーソースを使用しています。

名前の由来ですが、みなさんお分かりの通り、
「一体これはなんだ?」→「ナンだ!」→「なンなんだ‼」だそうです(笑)

「焼き立てピザ」の生地について

名前の通りヒュッテで焼いているのですが、注目すべきは生地にあります。実は地元の酒蔵「浅間酒造」さんから酒粕酵母入りの本格的な生地をご提供いただいています。生地はもっちりとして、ほんのり甘みがあるのが特徴です。「酒粕酵母」とはさすが酒蔵さんですね!

クワトロフォルマッジはピザの上にも酒粕を使用しています。そのおかげでチーズの旨味がより引き立ちます。また、チーズの上に「百蜜」(きたもっくで製造している蜂蜜)をたっぷりかけていますので、より一層お口の中に幸せが広がります。あぁ~食べたい!

「浅間酒造」さんは日本酒も格別です。スウィートグラスの売店でも取り扱いがあるのでお試しあれ。興味がある方は直営店が車で20分くらいの場所にあるのでオススメですよ。

②カフェについて


カフェの営業も10時~14時、15時~17時の間、毎日営業しています。間に1時間空いているのは、スタッフの休憩時間となります。ご理解とご協力のほどをお願いします!

※2022年2月17日時点

【22年3月30日追記】
2022年4月15日から営業時間が、10時~14時、15時~18時となります。

カフェもランチに劣らず、うまうまなメニューをご用意しています。その中でも特におすすめなのが、先程のピザでも登場した「百蜜」を使用したカフェメニューです。

百蜜(ももみつ)とは?

北軽井沢スウィートグラスを運営している「きたもっく」では養蜂事業に取り組んでいます。ミツバチが浅間北麓の蜜源を旅しながら集めた蜂蜜をわけてもらい、「百蜜」として販売しています。採蜜地ごとに変わる自然の魅力がいっぱい詰まった非加熱・無添加の生はちみつをぜひお試しください。

百蜜を活かしたカフェメニュー

【百蜜マフィン】

北軽井沢で摘んだナツハゼの実を百蜜だけで丁寧に煮込み、絶妙な酸味と蜂蜜の香りに仕上げたジャムを使用したマフィンです。季節によってマフィンの具が変わるそうです。


↑ナツハゼ×百蜜


↑秋には姫リンゴを使ったマフィン。店内オーブンで焼いています。


↑季節によってさまざまな味をご用意しています。何の味かはヒュッテに来てからのお楽しみ。

【百蜜となつはぜのカマンベールチーズケーキ】

マフィンと同様のジャムを使用したカマンベールチーズケーキです。チーズケーキが大好きなんですが、ナツハゼの酸味と蜂蜜の甘みがチーズを引き立てていて最高です。パクパクいけちゃいます。

【百蜜レモネード】

百蜜にレモンを漬け込んだヒュッテ特製のシロップを使用したレモネード。夏の時期はアイスもオススメ。真似したいけど、真似できない味です。

【百蜜姫りんごティー】

百蜜に北軽井沢で摘んだ姫リンゴを漬け込んだ特製シロップと紅茶を組み合わせた貴族級の飲み物。これを飲めば幸せな午後のひとときを過ごせます。


↑オーナメントにも使われる、小さくてかわいいリンゴです。

【百蜜ホットミルク】

こんなの美味しいに決まってますよね。人工甘味料ではなく、自然由来の蜂蜜を使用しているので、体にも安心ですよね。

※1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないようにご注意ください。(参考
※季節や仕入れ状況により、予告なくメニューが変わる場合がございます。予めご了承ください。

③キャンパーズマルシェ


アサマヒュッテではキャンプのシーンをより楽しく、より美味しくなるように、地元の季節野菜やお肉などを「キャンパーズマルシェ」と題して販売しています。

もう一品料理を増やしたい時や食材を忘れてしまったときに大変便利かと思います。

また、食材だけでなく、キャンプで使える調味料やグッズの販売もしているので、マルシェ同士を組み合わせた料理に挑戦してみたり、食事を盛り上げるカトラリーを取り入れたりと楽しみ方はさまざま。わからないことがあれば、スタッフにすぐに聞けるのもいいですよね。

さて、今回は数あるマルシェ商品の中からランキング形式でBEST3をご紹介いたします。

※季節モノ(野菜とか)は時期によっては販売していないことがありますので、ご了承ください。

マルシェ人気ランキングBEST3

1位「吊るし炙りベーコン」

とっても長~いベーコン。焚き火で炙って豪快に食す!これぞキャンプ!

2位「牛ハラミ(スライス)」

炭火で焼いたハラミはやみつきになります!牛肉の部位の中でもハラミが好きな方は多いハズ。

3位「骨付きフランク」

BBQや朝食にワイルド感がたまらない一品です。子供の頃は骨がついているだけでワクワクしたものです。

南三陸の魚について

南三陸(宮城県)との繋がりで魚の取り扱いもおこなっています。これは個人的なおすすめなんですが、海なし県で標高1100mの高原の中で食べる海鮮というのも乙なものです。

炭火で焼いた魚は、ほんっとに美味しいです。上のランキングでもわかるように肉が大人気なんですが、高原で食べる魚の魅力にもぜひ気づいていただきたい。

④予約食材


スウィートグラスではたくさんの予約食材があるのですが、メニューの開発~食材の仕入れ~仕込み~お渡しまでをアサマヒュッテが担っています。まさに「スウィートグラスの台所」。

予約食材は下ごしらえが済んでいるので、あとは焼くだけ、煮込むだけと時短できちゃいます。その分みんなとゆったりしたり、イベントに参加したりと家族や仲間との時間をしっかり確保できるので、ビギナーキャンパーだけでなく、ベテランキャンパーにもおすすめです。


↑メスティンで作る炊き込みご飯セット

ラインナップはみなさんのキャンプをイメージしながら考えています。定番メニューからちょっとした変わったメニューまでご用意しているので、気になる方はぜひご検討ください。予約食材の詳細はまた別の機会でご紹介できたらと思います。

ヒュッテスタッフへインタビュー


私まっちゃが、アサマヒュッテのスタッフ「ヒロミン」へインタビューしてみました。

Q1)アサマヒュッテの魅力はなんですか?

キャンプのプラスオン食材が購入できるところですね。キャンプ場に着いてから食材の忘れ物や物足りなさに気づくことも多いですし、そんなときにアサマヒュッテをぜひ利用していただきたいです。

また、キャンプ料理でお困りのことがあれば、お気軽にヒュッテスタッフにご相談ください。百蜜を使ったレシピはもちろん、色々美味しいレシピ教えちゃいます。

Q2)キャンプ中のオススメの過ごし方は?

日常の忙しさを忘れて、美味しい料理を家族や仲間と囲みながらゆっくり過ごすこと。そこで生まれる心温まる時間をぜひ満喫してほしいです。

Q3)お客さんへ一言お願いします。

アサマヒュッテでドリンクやランチをテイクアウトしておしぎっぱの森へピクニックへいきましょう。キャンプで生まれる素敵なシーンをたくさん作ってください。

さいごに


私たちが大切にしていることはキャンプで生まれる「心温まるシーン」を作ること。アサマヒュッテは「食」という切り口で、みなさんへご提案しています。

「料理を作っている時に感じた子供の成長」や「料理を頬張ったときに生まれた笑顔」などひとつひとつの思い出をキャンプを通して作ることができたら、もっとハッピーになるかと思います。

アサマヒュッテがみなさんのキャンプをサポートできるように、これからも頑張って営業いたします!

さぁ!アサマヒュッテへ行こう。

キャンプ場北軽井沢スウィートグラス

2月のスウィートグラス
ブログ「読むスウィートグラス」
instagram
facebook