自然に従う生き方=ルオム(LUOMU)

ABOUT US

きたもっくとは

きたもっくとは

有限会社きたもっくは、自然に学び、自然に従う、「ルオム」的カントリースタイルを伝えます。
浅間山麓の自然(環境)を原点に、観光から農業、そして食までをトータルで見据えるソーシャルビジネス企業です。

  • 当社のこだわり

    「自然と人の関係」
    を豊かに
    浅間高原の北麓(北軽井沢)を拠点に事業地数ヶ所で、オートキャンプ場や森林体験リゾート施設などのアウトドアフィールド型ビジネスを中心に事業展開しています。例えば、キャンプ場スウィートグラスではアウトドア型の宿泊施設という枠を超え、寒い北国のライフスタイルを提案する場へ進化しています。事業地は軽井沢や北軽井沢ですが、この一帯は今なお活発な活動を続ける活火山、浅間山を中心にエリア全体の自然が形成され ています。過去2千年間に起きた3度の爆発的噴火活動により周囲10km圏内が埋め尽くされた歴史を持ちます。流れ出る溶岩、土石流、火山灰――すべての生命はそこにとどまる限り死滅する。そして標高1千―1100mの冷涼な気候は、冬場になればマイナス20℃を記録する厳しい気候条件でもあります。しかし、古来より火山や地震の巣窟である列島に生きた歴史を背負う日本人です。災害と隣り合わせに美しい自然と共に生きる暮らし方を身につけてきた民族でもあります。千年に一度という東日本大震災を経験し「自然と人の関係」が鋭く問われる時代です。それは同時に「暮らし方」(ライフスタイル)が問われることでもありました。私たち(当社)は「自然と人の関係」をより豊かに楽しく美しく、フィールド体験を通して提案することで近未来の日本のライフスタイル創造に寄与したいと考えています。

  • 経営の志

    自然に従う生き方
    「ルオム」を柱に
    当社は2010年「ルオムの森」という森林体験型リゾートの森を作り、それを機に、経営理念の柱に「ルオム」を据えました。ルオム(LU O MU)とはフィンランド語で「自然に従う生き方」(狭義では有機農法)という意味。フィンランドでは誰もが気軽に森の中に入ります。友人と会って話したり、ベリーを摘んだり、森と密接な関係を習慣としているのです。ここにフィンランドなど北欧諸国の社会経済構造が形成される原点があります。私たちは企業活動を通して「ルオム」を表現し、寒い北国の風土から生まれるライフスタイルを提案しています。それはローカルな視点ではありますが、近未来の求めるライフスタイル像が反映されており、普遍的価値を持つと確信しています。私たちはローカル企業でありつつ、グローバルな価値を追求する「グローカル」企業でありたいと考えるのです。

  • 地域との関わり

    樹木との関係から
    人の居場所を考える
    当社の企業活動は社会や地域に貢献することが強く意識されています。地域との整合性から生み出される事業活動は必然的に環境や産業のあり方を射程に含めることが求められます。その意味で、当社は地域のリーディングカンパニーを目指すソーシャルビジネス企業です。キャンプ場スウィートグラスは、天明3年(1783年)の浅間山噴火の際、火口より流れ下った土石流の押し際にあります。キャンプ場の地名であるおしぎっぱ(押際端)は荒涼とした大地でした。酪農業のための採草地(牧場)と人間の一生は約100年。樹木の成長とほぼ同じ時間のスケールです(浅間山の造山活動は数万年のスケール)。樹木とのかかわりは人間が生きることと密接にかかわります。それは都市におけるエコロジーとか、リサイクルといった考え方とは少し違います。樹木(森)と付き合う関係から今を生きる人間(人生)の居場所が見えてくるのです。

    沿革沿革
TOPへ
TOPへ
ACCESS

アクセス案内

企業企業

有限会社きたもっく
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1924-1360
TEL : 0279-84-6633
FAX : 0279-84-3533
MAIL : info@kitamoc.com

TOPへ