menu

スウィートグラス・アドベンチャー

スウィートグラス・アドベンチャー

スウィートグラス・アドベンチャー

樹上から、巣立つ

自分の安全は、自分で守る

「スウィートグラス・アドベンチャー(通称:SGA)」とは、ハーネスと呼ばれる命綱を装着し、自らの力で樹上を旅するフランス発祥のアクティビティです。誰でも遊べるレジャー施設とは一線を画し、安全講習を受け、テストをクリアしないと参加できません。

樹上へ登ったら、頼れるのは自分だけ。保護者は必ず、子どもよりも先に行く…というルールがあるため、手助けすることはできません。恐る恐る進んでくる我が子をただ信じて見つめていると、ヒナを見守る親鳥のような心境に。

高所にいる恐怖を克服できれば、まさに鳥のように、爽快な空中飛行を楽しめます。地上へ降りるころには確かな自信が芽生え、冒険を共にした仲間とは、爽やかな連帯感が生まれます。

森に育まれるもの

SGAのある森を、私たちは『ルオム』と名付けました。フィンランド語で『自然に従う生き方』という意味です。アドベンチャーの合言葉でもある『自分の安全は、自分で守る』という自然界の大原則は、ルオム思想の根幹でもあります。

江戸時代に浅間の大噴火を免れたこの森には、樹齢100年をこえるコナラの大木があります。陰りの見えた樹勢を回復するため、アーボリスト(樹護士)と共に土壌改良を行いました。

木も花も、私たちと同じように生きて、日々変わっていきます。この美しい空間を、より永く豊かに引き継いでいくために…「ルオムの森」も新たな巣立ちの時を迎えています。

樹上の大冒険

「スウィートグラス・アドベンチャー」のあゆみ

20097月

森に、樹上冒険施設「フォレストアドベンチャー・あさま」をオープン。

20107月

森を「ルオムの森」と名付け、森林型リゾートパークとして展開。

20114月

羊のハルちゃんがやってくる。幼児向けのアスレチック「どんぐりコース」をオープン。

20124月

フォレストアドベンチャー・あさまを「スウィートグラス・アドベンチャー」に改称。

20175月

アーボリストと共に、シンボルツリーの樹勢回復を試みる。

Access map

スウィートグラス・アドベンチャー(ルオムの森):群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-4783

\ Welcome /