スウィートグラスあさまストーブ

あさまストーブ

浅間高原の自然と人が調和する薪ストーブライフを提案




「ルオム概念と薪ストーブライフ」

自然に従う生き方「ルオム」を浅間高原で体現するライフスタイルとして薪ストーブは欠かせません。地産の薪を使った非電化の暖房器具としてやクッキングツールとして。あるいは家族のコミュニケーションツールとして薪ストーブの果たす役割は多岐にわたります。
浅間高原の豊かで厳しい自然を楽しむこと。
薪ストーブには寒冷地にとって、代替のきかないぬくもりがあります。

「エネルギーリスクを回避する薪ストーブ」

石器時代から始まりバイキング時代の船の中にまで、炎や暖炉は部屋の中央やコーナーに設置されていました。その頃は今の主流になっているフリースタンディング式ストーブは生産されていませんでしたので、いわゆる開放式の暖炉や焚き火でした。
現在では、様々な暖房器具があり、オール電化や・ガス・石油を使ったヒーター・床暖房など様々ありますが、電気を一切使わない暖房器具である薪ストーブは災害に強いと言われています。
燃料を身近で調達することができる薪ストーブは、エネルギーリスク回避策としても見直されています。

「火とうまく付き合うことで生活を豊かにする」

薪ストーブの柔らかな炎。
リビングやキッチンなど居室の一部に取り入れられた、外のように使える土間。
これらは生活するうえで必ず必要な要素ではないものの、加わることで日々の暮らしに変化が生まれ、日常生活のエッセンスとして、ここちよさを生み出します。

あさまストーブでは、世界的にも評価の高いアメリカバーモント州の「バーモントキャスティングス」、ノルウェーの「JØTUL(ヨツール)」をメインに多数の薪ストーブを取り扱っております。なお、豊富な施工経験を持った専門スタッフが入念なアフターサービスを実現するため、ストーブ設置施工する商圏を約30km圏内に絞っています。

あさまストーブ

あさまストーブ

〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢354-7
TEL. 0267-31-6613
FAX. 0267-31-6612